FC2ブログ

39 | アニゲーなどなどのエンタメ日記

『ロードバイク GIANT TCR SLR2 (2019モデル)』

「ロードバイク GIANT TCR SLR2」が納車されて10日。総走行距離は149.5km。
クロスバイクからの乗り換えですが、やっぱ快適で速くて楽しいですね!
giant_tcr_slr2

まだ初心者だったので見た目重視。
試乗してビビッときた。
これがイイ!!
と思ったものを購入しました。
フレームはアルミですがとても軽い!
約8kgらしいのですが、もうカーボンに肉薄する軽さだと思います。
お値段\185,000(税抜)。
ADVANCED2というカーボンフレームのものが\200,000(税抜)というものがありましたが、あえてSLR2を選択。
このへんはデザインがSLR2のほうが好きだという理由が大きいです。

そして、ロードバイクで走って思うのですが、やっぱり軽いは最強だなと実感しました。走り出しや踏み込んだ時の加速、なんといっても登りが非常に楽になったことです。
これが凄く楽しい。
自転車で走ることがここまで楽しいと思ったのはロードバイクに乗って初めてです。
はじめてクロスバイクで走ったときも速いなぁと思いましたが、それを超える気持ちよさ。
これでしまなみ海道を走った時は、本当に気持ちよくて楽しかった。

ちなみに、コンポーネントは105です。
ペダルも105で揃えようと思いましたが、予算の都合もあってR550を選択。
まだビンディングシューズは持ってないのですが、もう少しロードで走ることに慣れたら使おうと思っています。今はまだスニーカーで走ってます(;^ω^)
giant_tcr_slr2_05
giant_tcr_slr2_03
giant_tcr_slr2_04

ライトはフロント、テールともに購入。USB充電タイプのものです。
テールライトはサドルに取り付けられるタイプで光センサー搭載しているので、自動点灯・消灯もできます。
giant_tcr_slr2_06
アルバムに追加 giant_tcr_slr2_02

サイコンはCONTINUUM SYNCを取り付け。
アルバムに追加 giant_tcr_slr2_01
重要視したのは距離・速度・時間は当然のことながら、あとはケイデンスがわかる、スマホと連動することです。
これだけのことができてセンサー込みで\11,000なら良いコスパだと思います。
ちなみにフロントライトとサイコンは「COMPUTER AND GOPRO COMBO MOUNT FOR ROUND BAR」というハンドルバーを買って、それに取り付けています。これでかなり一体感出ていい感じです。

ひとまずはこのロードを自分の手足のように乗りこなせること。長距離走るスタミナをつけることを頑張りたいですね。
まだ細かいパーツのことまではよくわかっていないので、一つ一つ勉強してメンテも自分でこなせるようロードバイク生活を楽しんでいきたいものです。

スポンサーサイト
Category : 自転車
Posted by あつし on  | 0 comments  0 trackback

『しまなみ海道 尾道から瀬戸田をロードバイクで走る』

しまなみ海道を初サイクルしてきました。
ロードバイクで尾道から瀬戸田港まで約40キロほどの距離です。
Screenshot_20180815-113042_RideSync


新しいGIANT TCR SLR2を購入して4日目でしまなみ海道です。
ロードバイク歴4日の素人が走ってみました。
ちなみにクロスバイクで半年ほど走っていましたが25キロ以上は走ったことはありません。

午前9時。
尾道駅前港湾駐車場に車を停めて、積んでいたロードバイクをおろして向島行渡船のりばへ向かいます。
20180813_01尾道港
船は定期的に運航しており、長くても10分程度待てばすぐに来ます。

ロードバイクをおして船内に乗り込みます。
20180813_02尾道からフェリー
料金は110円。船内で乗員の方が回収にこられます。
この時は早く走りたくてワクワクしてました。

向島に到着したら、道路にひかれているブルーラインに沿って走ります。
これはとてもいいですね。
少なくともこのブルーラインに沿って走れば今治まで迷うことはなさそうです。

しばらく走ると見えてきました因島大橋!
橋が見えてくるとテンションがあがります!
20180813_03因島大橋

ブルーラインに沿って走ると、因島大橋入り口の看板が見えてきます。
そこから少し長めの登りになります。
傾斜はそこまで急ではないですが、やはり登りは少々つらいかもしれないです。
ママチャリなどの重い自転車ではかなりつらい感じになりそうです。
猛暑ということもありますが、坂を上りきったところで疲れ果て、座り込んで休まれている方もおられました。
僕の場合、ロードバイクのおかげというのもあるでしょうが、比較的楽にすいすいと登ることができました。

因島大橋では車道の下を自転車で走るようになります。
20180813_04因島大橋通路

因島をはしると次に見えてくるのは生口橋!
こちらも大きく立派な橋です。次はこれを渡ります。
20180813_05生口橋
こちらも橋を渡るまでは、坂道が少し続きます。

やっぱり橋の上を走るのは気持ちいいです。
20180813_06生口橋通路
天気も良くて遠くまで海を見渡せる。
気分はサイコーです!!

生口島を走り、次に目指すは瀬戸田にある「ドルチェ」というお店。
ここでジェラートを食べることが今回のメインの目的!!
20180813_07ドルチェ
お盆休みということで多くの人がおられ、少々待ちました。
バニラとレモンのダブルカップ!
おいしくいただきました。
こんな猛暑の日には冷たいジェラートがたまらんかったです。

次に目指すのは瀬戸田港。
20180813_08瀬戸田港付近
今回はここがゴール地点。
20180813_09瀬戸田港
あとは快速船に乗って尾道まで帰ります。

尾道から約40分の船旅もなかなかいいものです。
20180813_10瀬戸田からフェリー

尾道から瀬戸田港までの距離は約30キロ程度。
僕は瀬戸田でウロチョロしていたので40キロほど走ったことになっていますが、15~20km/hの速度走れば2時間ほどで走れそうです。
途中休憩や写真撮ったりなど観光してたりするとそれ以上はかかりますが、初心者コースとしてはちょうどよい感じでした。

次はしまなみ海道のどこを走ろうか考え中です。

さすがに今の体力では1日でしまなみ海道を走破するのは難しそうなので、少しずつ体力つけていきたいと思います。

しまなみ海道サイコー!でした。

Category : 自転車
Posted by あつし on  | 0 comments  0 trackback

『ブランド人になれ!』

仕事で言われたことだけやる。
与えられた仕事を嫌々やる。
我慢することで給料という対価を得て満足する。
不満ばかり愚痴る毎日って何が楽しいんだろう?
たった一度の人生、自分の思うがままに生きていきたい。

僕は主役になる!

『ブランド人になれ! 著:田端信太郎』
ブランド人になれ
この本を読んで、僕は考えを改めました。
奴隷のように仕事をしてていいのか?
そんなわけはない。
会社に仕事をやらされるのではなく、自分で仕事を選び、新しいことを学び続け、チャレンジを繰り返す。
ブランド人になるためのノウハウが、現スタートトゥデイ コミュニケーションデザイン室長の田端信太郎さんによって綴られています。
NTTデータからリクルートへ。ライブドアやLINEと務めていたこの方を正直最近まで知りませんでした。知ったきっかけはtwitter。面白い発言をする人だなとフォローし、本を出しているということで「ブランド人になれ!」を買いました。
ホリエモンに次いで、本を読んでて身震いしてしまうほどに気分が高揚したのは久々です。

一番印象に残ったのは「君はパンツを脱げるかい?」という言葉。
嘘をついたり小賢しいまねをする。正直者でないのに相手の信用など得られるはずがない。
プライドを捨てられない奴は信用できない。
プライドなんか必要ならいつだって捨ててみせる。土下座をしたところで、自分の価値は下がらないと自分自身が確信していればなんてことはない。
ダサいプライドなんて捨ててフルチンになればいい。
パンツなんて脱げ!ということです。
僕はいまだにプライドを捨てられないときがあります。
何も知らない奴と思われるのがいやで、たまに知ったかぶりをしてしまうことです。
昔に比べれば、わからないことはわからない。知らないから教えて。と言うようにはなってきていますが、まだまだプライドが邪魔してしまうときがあります。
もっと正直者にならなければ。
それこそパンツを脱がなきゃ!
と、この本から改めて教えられました。

僕がよく読むホリエモンの本でもそうですが、田端さんの本でもやりたいことをやれ。すぐ行動。質よりとにかく量をこなせ。好きなことをガムシャラにやっていれば、それが仕事にもなると伝えています。
新しいことにどんどんチャレンジしていく人こそ「ブランド人」になるための第一歩なのだとこの本を読んで感じました。

Category : ビジネス書
Posted by あつし on  | 0 comments  0 trackback

『インコドリル 監修:三輪泰嗣/絵:KanmiQ』

鳥に関する書籍はいろいろと出版されていますが、ここまで表紙でがっつりハートをつかまされたのは今回が初めてです。

『インコドリル』
インコドリル
書店のペット関連の棚にずらっと平置きにされているのを見て、すぐ購入。
かんみさんの描くオカメインコのイラストに買わずにはいられませんでした。

タイトルにドリル。表紙の絵柄から子供向けの鳥本かな?と思ったりもしました。
当然、子供にも楽しく読めるつくりにはなっています。
ですがそれだけではなく、内容もしっかりと充実。
インコの基本、身体のつくり、きもち、暮らし方や遊び方といったことが要点をしっかりと抑えられています。
いろいろの鳥の書籍を読んできている自分にとっては知っていることばかりですが、イラストの可愛さから新鮮さを感じました。

そんな中でも、え!?そうだったの?というものもありました。
インコにとって快適な温度は20~25度と書かれていたことです。
25~28度ぐらいが最適かと思っていました。
もうちょっと低くても良かったんだと安心もしました。
うちのオカメインコのヒメは、生まれてから1年間ほどは室温は28℃前後で高めに設定。
大人になり身体が丈夫になるにつれ、ちょっとずつ室温を下げて今は25度前後にしています。
春や秋などはエアコンなしで22度ぐらいになる時があり、少し寒いかなとも思いました。
ですが、ヒメは平気そうでいつもと変わらず元気だったので、とくに室温をあげたりはしなかったのですが、悪いことではなかったということで安心したしだいです。

本を読んでいつも思うのですが、鳥というのは非常に飼うというのが難しいんだなと思いました。
ですが、今となってはすっかり家族の一員ですし、一緒にいられる時間がとても楽しくて幸せです。
大変なことも多いですが、それもあわせて楽しいくことも多く、かけがえのない時間を与えてもらっています。

一緒に本を読んだりする時間も幸せなひとときです。
インコドリルとヒメ

うちのヒメは3歳と7か月。
これからも健康で楽しく大事なパートナーとして一緒に暮らしていきます。

そのために本を読んで正しい知識を身につけていく必要がありますね。
インコドリルはインコに関することを可愛く、わかりやすく、要点を抑えた良い本です。

Category : オカメインコ
Posted by あつし on  | 0 comments  0 trackback

『西日本豪雨2018』

西日本豪雨。
2018年7月6日に大雨特別警報が発令されました。
仕事中、大雨で山陽本線が午後からの運転を取りやめるとの情報が入り、電車通勤の方々はいち早く帰宅していきました。
車通勤の僕は雨ぐらいなら帰れるだろうと、結局は17時半までの定時間まで仕事。
それでもやっぱり不安だからと、残業などはせずさっさと帰宅することに。
すでに外は大雨。道路は所々水がたまって、対向車の水しぶきを浴びながら車を走らせました。
通勤路の国道2号線。
そこを沿う瀬野川。
すでに水位はかなり上がっていました。
よく散歩やジョギングなどがされる川沿いの広場はあふれる水位に完全に消えています。
山沿いからは水が流れ溢れだす。
まだ早い時間だったため渋滞や通行止めなんてものはなく無事自宅に帰ることができました。

夜は相変わらずの大雨。
瀬野川氾濫の恐れありと町にはサイレンが鳴り響きます。
自宅の水も止まり、これは結構まずい状況なのでは?と不安で夜はまともに眠ることはできませんでした。
夜はずっとTwitterで情報収集にあたっていました。
土砂などの影響で道路がまともに走れず渋滞が発生している。
自宅に帰れない。
浸水してしまったなど。

そんな中、自宅はなんとか無事。
しかし、広島の被害は甚大なものでした。
あちこちで土砂崩れ、川の氾濫で浸水被害。道路もあちらこちらで土砂にまみれ、崩落をする場所が数多く発生。
翌朝、Twitterでは僕が日常で使う国道2号線が崩落した画像、よく行く町やお店の浸水した画像などが投稿。
もし、その日残業して帰りが遅かったら、その道路の崩落に巻き込まれていたかもしれない。
そう思うとぞっとしてしまいました。
テレビでもニュースで報道がされ、地元の被害状況、他地域の被害が放送され、尋常じゃない事態が自分の周りに起こっています。
まさか、自分がこんな災害にあうなんて。
そう思ってしまいます。

近所の瀬野川にかかる橋ですが、決壊してしまいました。
西日本豪雨20180707 (2)
西日本豪雨20180707

土日はほぼずっと断水。電気があるだけうちの自宅に関してはぜんぜんマシだったと思います。
たった2日程度だったものの、これほど水がないことが不自由だったとは。
災害対策を怠っていた自分が情けなくなります。
水道が早くに普及したことは、とても救いでした。
なんせ、主要道路は土砂や崩落でまともに通ることもできない。通れるところはそこに多くの車が集中するので大渋滞。まったく動きません。
こんな状態で買い物になんていけるはずもない。
近所のスーパーは浸水被害。被害がないところでも物流がストップしているのですから、何もない。
非常食、水を普段から用意しておくことが重要なんだと改めて痛感しました。

そんな普通じゃない状況なのに月曜は普通に仕事。
来れるなら来いというわけです。
こんな状況で仕事っておかしいんじゃない?と思うものの会社には車で行けたので出社しました。
どうして、日本って災害があっても仕事をするのだろう?
このときほど疑問に思ったことはありませんで。

今も被災現場では復旧にむけて、猛暑の中作業にあたっています。
そのおかげで現在はこんなに早く!と驚くほど、土砂で埋まった道路を復旧させ、渋滞も緩和。物流もかなりよくなっています。

濁流に削られ崩落した国道2号線も昼夜を問わず復旧作業にあたっているそうです。
こちらも7/21に通行可能になるそうです。
西日本豪雨20180714 (2)
西日本豪雨20180714

それでもまだ行方不明の方もいます。断水や停電で困っている方も多くいます。復旧作業がまだまだ続きます。
こんな時だからこそ、少しでも自分にできること、手伝えることをしていきます。
人は協力し合えるのですから。

自然災害は他人ごとではありません。
どこに暮らしていようと、自分は絶対に被害にあわないといういう保証はないのです。
2018年西日本豪雨でそれを改めて思い知らされました。

Category : 未分類
Posted by あつし on  | 0 comments  0 trackback